案内論文古田史学会報闘論古田武彦著作集九州王朝雑誌案内電子書籍資料編/ Video講演/ リンク

入会案内


新古代学の扉

案内

論文

英文があります
学問の未来
万葉の覚醒
人麻呂の運命
親鸞思想
 

古田史学会報

(講演記録を含む)
古田武彦
古賀達也
津軽を論ず
古田史学会報
 
神武東征
  と天孫降臨
短里と二倍年暦
九州年号
法隆寺移築論争
吉野と熟田津
国引神話
と出雲王朝
好太王碑論争
和田家文書
東日流外三郡誌

 
海の古代史
 
第一巻
親鸞--人と思想
第二巻
親鸞思想
第三巻
わたしひとりの親鸞
 
「邪馬台国」は
  なかった
失われた
  九州王朝
盗まれた神話
邪馬壹国の論理
ここに
古代王朝ありき
倭人伝を
徹底して読む
 
よみがえる卑弥呼
 
古代史を疑う
 
古代は沈黙せず
 
真実の東北王朝
 
人麿の運命
 
古代史の十字路
-- 万葉批判
 
壬申大乱
 
多元的古代の成立
(上)  (下)
 
九州王朝の歴史学
 
失われた日本
 
古代の霧の中から
 
天皇陵を発掘せよ
 
邪馬台国論争
  は 終った
 
古代史の宝庫九州
 
邪馬一国への道標
 
邪馬一国の証明
 
よみがえる
 九州王朝
 
吉野ヶ里の秘密
 
邪馬壹国から
 九州王朝へ
 
東日流
[内・外]三郡誌
 
奪われた国歌
「君が代」
 
古代は輝いていた
  IIIIII
 
 
 
ミネルヴァ日本評伝選 『俾弥呼ひみか
 
俾弥呼の真実
 
史料批判のまなざし
 
現代を読み解く
  歴史観
 
真実に悔いなし
 
 

九州王朝

九州年号
 
 
 
 
会誌案内
市民の古代
 
新・古代学
 
なかった
 
古代に
 真実を求めて
 
電子書籍
「法華義疏」
 の史料批判
 
国造制の史料批判 
卑弥呼の比定
 
中村幸雄論集
 
神武が来た道
 
卑弥呼と黒塚
王朝多元 
独創古代
 
弥生の土笛
と出雲王朝
壬申の乱の大道
 
真実の近畿
 3世紀以前
 3世紀以後
卑弥呼は
どこで死んだか
 
天皇陵は
なぜ造られたか
歴史の中の祝詞
 

資料編

●寄稿
日本国の原風景
 
一士官候補生の
戦後の体験
 
旅の記憶
 
古田史学入門講座
 
新説 伊予の古代
 
地名が解き明かす
  古代日本
 
和田家資料 1
      
 
『琴歌譜』の
楽譜と和琴の祖型
 
古田武彦
  研究年譜
 
古田武彦
  著作索引
 
市民の古代索引
 
古田武彦著作目録
(PDF版)
 
いろは歌留多
 
洛中洛外日記 '05 
洛中洛外日記 '06 
洛中洛外日記 '07

洛中洛外日記 '08
・洛中洛外日記 '09
洛中洛外日記 '10
洛中洛外日記 '11
洛中洛外日記 '12
洛中洛外日記 '13
洛中洛外日記 '14
 
 
邪馬台城 総覧
人の下に人を造らず
 

 

古田史学ビデオ講演

(2015年3月新設)

 お使いのInternet Explorerでは、列が乱れたり(Version6)、バージョンアップを促されることがあります。(Version8より)

古田武彦

◎「よみがえった筑紫舞30年記念イベント」

2014年3月2日(日曜日)
アクロス福岡­イベント・ホール(国宝大神社展関連イベント)
第一部「筑紫舞と九州王朝」 古田武彦(3180人より)
第二部宮地嶽神社「筑紫舞」奉納


 

「日本の本当の歴史」

1, 「北と南の潮流」(7700人より)
2, 「磯を求めて」
3, 「二倍年暦」
4, 「俾弥呼の実像(その1)」
5, 「俾弥呼の実像(その2)」
6, 「俾弥呼の実像(その3)」
7 , 「崇神天皇の時代」
8 , 「倭の五王と磯城宮」
9 , 「東北王朝」
10, 「日出ずる処の天子」
11,「九州年号」
12, 「”大化の改新”の虚実」(3600人より)


 

皇(すめろぎ)は神にし座せば

古田武彦Video casting講演(5400人より)
 皇(すめろぎ)は 神にし座せば 天雲の 雷の上に 廬せるかも
(大王は神にし座せば雨雲の雷の上に廬せるかも『万葉集』235・241番)

テキスト(説明)
皇(すめろぎ)は神にし座せば・・・

制作 古田史学の会
編集 横田幸男
古田武彦講演
二〇〇二年 一月 十九日
大阪市北市民教養ルーム
『神と人麻呂の運命』
二、州柔(つぬ)の歌 部分

参照
『古代史の十字路 万葉批判』
古田武彦 東洋書林

『壬申大乱』古田武彦 東洋書林

岩波文庫 『憲法義解』
伊藤博文著 宮沢俊義校註

毎日新聞 朝刊13版
2005年11月22日


 

釈迦三尊」はなかった

『古代に真実を求めて』 (明石書店)第9集
 講演記録「釈迦三尊」はなかった(1200人より) 古田武彦
二〇〇五年一月十五日(土) 大阪市中の島中央公会堂 講演(一部)

テキスト(説明)
釈迦三尊はなかった

制作 古田史学の会
編集 横田幸男
参照:
『法隆寺』ー日本仏教美術の黎明 奈良国立博物館
『若草伽藍跡西方の調査』斑鳩町教育委員会
『法隆寺論争』(家永三郎・古田武彦)新泉社
『聖徳太子論争』(家永三郎・古田武彦)新泉社
『古代は輝いていたIIIー法隆寺の中の九州王朝ー 』(朝日文庫)

二〇〇四年十二月 二日
産経新聞
毎日新聞
読売新聞
朝日新聞

若草伽藍跡と宮山古墳・千早・赤坂村 ─古田先生同行記─ 伊東義彰

釈迦三尊の光背銘に、聖徳太子はいなかった
(解説)へ
釈迦三尊の光背銘(写真は釈迦三尊の下にあります)
「法華義疏」の史料批判(国宝、伝聖徳太子真筆本の史料批判です。)


 

 

 

 

古賀達也

納音菊水九州年号対照表の衝撃! 古田史学の会編集長 古賀達也

2014年5月4日 菊水史談会主催 古賀達也講演(3300人より)
 江田船山古墳領域の庄屋宅に残され江戸期まで使用されていた年号表には近畿大和朝廷に­先行する一群の「九州年号」が連綿と書き込まれていた!


 

 

 

 

正木裕

 

2014年「『魏志倭人伝』と邪馬壹国への道」(6800人より)
https://www.youtube.com/watch?v=4LY_fDmmzC0

久留米大学公開講座2014年


「周王朝から邪馬壹国そして現代へ」(2500人より)
http://youtu.be/6Ex00ryujvo

久留米大学公開講座 2013年9月
『魏志倭人伝』伊都国・奴国の官名「泄謨觚・柄渠觚・?馬觚」それは周代の青銅の祭器­-と儀礼に起因するものだった。そして、その儀礼は現代にも生きている。