古田武彦著作集


2013年 3月刊行 古田武彦・古代史コレクション16

九州王朝の歴史学

多元的世界の出発

ミネルヴァ書房

古田武彦

始めの数字は、目次です。はしがきーー復刊にあたって と あとがき は下にあります。

【頁】【目 次】

i はしがきーー復刊にあたって

001 第一篇 部分と全体の論理 -- 『穆天子伝』の再発見I

〈解題〉『穆天子伝』は、周の第五代の天子、穆王の業績をしるした本である。「起居注」と呼ばれた、天子の記録官の記述だ。三世紀、西晋朝のとき周墓から発見された。周字(科斗字)を今文(旧漢字)に翻訳し、公表された。三国志の著者、陳寿の時代である。
    ところが、その文面には、倭人伝との重要な相似が見られる。部分里程と総里程の記述である。今後の倭人伝研究にとって「画期をなすべき新史料」と見なされよう。(未発表)

 

025 第二篇 歴史学における根本基準の転換について
        -- 『穆天子伝』の再発見II

〈解題〉『穆天子伝』のもつ学問的意義は、重かつ大である。ただ“里程記事の先範”“倭人伝研究のための新しい鍵”といった点にとどまるものではない。
    史記・漢書・三国志といった、中国の「正史」が、“中国の天子の至上性”という、一種の中華思想によって「歪曲」させられていたのではないか。従来の、歴史の根本の基準尺に対する疑い。ーーそれが提起されることとなったのである。(未発表)

 

053 第三篇 九州王朝と大和政権

〈解題〉日本列島の歴史をありのままに知ろうとするとき、果たして「近畿天皇家一元主義」の立場から、それは可能だろうか。その答は、否ノンだ。
    筑紫を中心とする九州王朝、その分派としての近畿分王朝(大和政権)、さらに関東・東北・北海道や沖縄と、各領域独自の文明源流の認識。その多元史観に立たぬ限り、中国史書・国内史料(記・紀等)考古学的出土物分布のいずれも理解不可能なのである。(鶴岡静夫編『古代王権と氏族』所収。一九八八年八月三十日、名著出版刊

055    序
056    第一章 旧石器と縄文
058    第二章 金属器の流入と「倭国」
065    第三章 倭国の発展
084    第四章 「天智十年」における日本国の成立
086    第五章 考古遺物分布の証言
089    跋

 

095 第四篇 新唐書日本伝の史料批判 -- 旧唐書との対照

〈解題〉中国の正史の一たる『旧唐書』において、「倭国」と「日本国」が明瞭に別国として記載されていることは著名だった。にもかかわらず、それを“偽妄”として斥けてきた日本史学界が「拠り所」としたのが、『新唐書』だった。しかるに、この『新唐書』全体の史料性格を周密に再検査してみると、意外にも、それは『旧唐書』の記載を否定するものではなかった。やはり「倭国」を「日本国」以前と見なす立場に立っていたのであっ
た。
 (『昭和薬科大学紀要』第二十二号、一九八八年、所載)

 

143 第五篇 P・G型古墳の史料批判 -- 主従型の場合

〈解題〉千葉県市原市の稲荷台一号墳出土の銀象眼銘文(鉄剣)は、重要な課題をしめした。「王賜・・・・」の「王」とは誰か。果たして大和朝延の王者と断定してもよいか。それにも増して重要な一事、それは主室と副室をもつ「P・G型古墳」として、あの埼玉県稲荷山古墳(金象眼銘文付き鉄剣出土)の“先範”となっていたことである。ここから、学界がみずから目を蔽うてきた、重大なテーマが新たに万人の眼前に浮き彫りとされることとなった。(『昭和薬科大学紀要』第二十二号、一九八八年、所載)

183 第六篇 歴史学の成立 -- 神話学と考古学の境界領域

〈解題〉古事記・日本書紀の神代巻、その中心をなす神話、それは「天孫降臨」である。戦前は、教科書の冒頭を飾り、戦後は、墨で消された。
    しかし、それは本当に史実にあらぬ「造作」の説話なのだろうか。「神話的叙述と考古学的出土物との一致」という、トロヤの発掘にしめされた「シュリーマンの原則」によって、日本の神話に相対する。新しき、実証的な歴史学の成立を目指した。
(『昭和薬科大学紀要』第二十三号、一九八九年、所載)

257 第七篇 「倭地」の史料批判
   -- 中国、延辺大学の朴ジンソク氏の批判論文に答える

〈解題〉三世紀の朝鮮半島に「倭地」があったか。そして四世紀以降(六世紀前葉以前)は、いかに。 ーーこれは、日本列島内の歴史をさぐる上で重要、かつ不可欠の問いである。その上、いわゆる「倭人」や「倭国」が東アジアの世界の一画にいかなる位置を占めていたか。それを知る上で、不可避のテーマなのである。延辺大学の朴ジンソク氏の批判にこたえ、思いがけぬ新論証に到達することができた。正に率直な論争の賜物であった。(『昭和薬科大学紀要』第二十四号、一九九〇年、所載)

314    資料論文 いわゆる朝鮮半島内の倭地説について(朴ジンソク)

335 第八篇 親鸞伝の基本問題 -- 「伝絵」の比較研究

〈解題〉親鸞研究は、古代史研究の母国であった。文献処理上の学問的方法論を、わたしはここで学んだのである。
    久しぶりにこの分野にいどんだ論述、それがこの文章である。懸案となっていた『本願寺聖人伝絵』(覚如作)に対する史料批判を行ったものである。空海・最澄・道元・日蓮等、いずれもこのような史料批判のための、貴重な著述を提供している。未来の研究者に期待するところ、大である。
 (『真宗重宝聚英』第五巻、関連解説。一九八九年二月二十八日)

 

361 第九篇 偽書論 -- 論じて電顕撮影に至る

〈解題〉従来、定義なくして用いられてきた言葉、それが「偽書」である。この一語によって、在野の諸書、諸史料が一挙に、“切り捨て”られた。いわゆる、“正規の”大学内の研究者のほとんどがこれを「研究史料」として扱うことをせぬ、それを常としてきた。
    このような姿勢は果たして厳正な、学的態度といえるものだろうか。この問題の基本を、ここで吟味する。その「序説」である。あわせて電子顕微鏡撮影問題に及んだ。(未発表)

 

373 あとがき

377 日本の生きた歴史(十六)
        -- 古事記伝 -- 本居宣長批判(上)

379      序文
382      第一「宣長の底本」論
388      第二「弟と矛」論


i〜8 人名・事項・地名索引


 ※本書は『九州王朝の歴史学』(駸々堂出版、一九九一年七月発行第二刷〈一九九一年六月初刷〉)を底本とし、「はしがき」と「日本の生きた歴史(十六)」を新たに加えたものである。なお、本文中に出てくる参照ぺージには適宜修正を加えた。

__________________________________

古田武彦・古代史コレクション16

九州王朝の歴史学
  -- 多元的世界の出発
_______________

2013年 3月20日 初版第1刷発行

 著 者 古 田 武 彦

 発行者 杉 田 敬 三

 印刷社 江 戸 宏 介

 発行所 株式会社 ミネルヴァ書房

_________________

© 古田武彦, 2013    共同印刷工業・兼文堂

ISBN978-4-623-06455-7

   Printed in Japan


はしがき -- 復刊にあたって

         一
 九州王朝。この一語なしに、日本の歴史を語ることはできない。真実の歴史を明らかすべき歴史学は成立不可能なのである。
 君の机辺の「日本史」の本が、たとえ令名ある大家の著作であれ、全国の各学校で数多く用いられている教科書であれ、「九州王朝」にふれずして、否、中心のテーマとして扱うことなしに、史実を記すことは、土台無理としか言いようがないのだ。なぜか。
 理由は、簡単だ。そして明瞭である。有名な「日出ずる処の天子、書を日没する処の天子に致す、恙つつがなきや。」の文言は、七世紀前半、初唐の歴史官僚、魏徴(ぎちょう 五八○〜六四三)が書いた歴史書、『隋書』に書かれている。イ妥(タイ)国伝だ。
 これは、倭国の天子の多利思北孤(タリシホコ)が隋の天子、煬帝(ようだい)の所へ贈った「国書」の自署名である。「自署名」のない国書など、存在するはずがない。
 年時は大業三年(六〇七)である。その多利思北孤には妻があり、彼女は「[奚隹]弥(キミ)」と呼ばれていた。だから、当然多利思北孤は男性である。
     [奚隹]弥(キミ)の[奚隹]は、奚編に隹。JIS第4水準ユニコード96DE
     イ妥国の[イ妥]は、人編に妥。ユニコード番号4FCO

 しかるに、日本書紀では、この年は「推古天皇十五年」に当る。古事記も、その最末の天皇を、この推古天皇とする。女性である。
 この「男女」別人の二人を「同一人」とすること、その「背理」の上に、本居宣長、そして彼を受け継ぐ、明治以来の「国家の定説」が形造られてきた。いわゆる「万世一系の天皇家」という政治目標の下で、それに「奉仕するための歴史学」だったのである。
 以上は、『失われた九州王朝』(朝日新聞社、昭和四十八年刊)以来、のべ尽くしたところ。しかし学界・教育界のすべてはこれを「無視」し通してき続けた。これが隠れもなき研究史上の事実である。

          二

 文献だけではない。考古学的出土物の分布も、わたしの立論を支持していた。戦前から戦後にかけて「霊域か、山城か」の論争のあった「神籠石こうごいし山城群」は、「山城」であることが確定した。佐賀県教育委員会の綜合調査の結果だった。その山城群は、東は石城山(いわきさん 山口県)から西はおつぼ山(佐賀県)、南は女山(ぞやま 福岡県)まで。中心部は太宰府・博多湾岸と筑後川流域までの「筑紫」(福岡県)中心の分布だった。決して「大和」(奈良県)中心の分布ではなかったのである。
 そのため、教科書にはこの「神籠石山城群」の分布地図は「カット」されてきた。「天皇家一元」や「万世一系」の理念を子供たちに教えこみにくいからであろう。ここでも、イデオロギー重視、真実軽視を根幹とする「国家の教育」が一世紀半近く「続行」されてきたのである。

           三

 もう、やめよう。確かに、近代国家は学界一般や教育全般の「法」を作り、それによって全国民の「歴史知識」を“ひといろ”に染めあげてきた。数百万、数千万の「知的ロボット」を量産してきたのである。しかし、その根底が「真実」ではなく、「虚偽」のイメージによって満たされているとしたら、その国家にとって、これ以上の不幸はない。そのような「いつわりの連鎖」を断ち切る時がついに到来した。それが今なのである。
 わたしはそのために、この復刊本を静かに君たちの机の前に捧げたい。未来ある、日本の真の輝きをとりもどすために。

     平成二十五年一月十一日

                             古田武彦


 あとがき

 歴史学は、かつて国家の学であった。権力者が達文家に命じて、己が来歴を書かせる。それが歴史であった。
 わが国の古事記・日本書紀は、いうまでもない。中国の史記・漢書・三国志等の歴代の正史、高麗の三国史記等、わたしたちはその例をあげること、自分の掌の細紋の名を挙げるよりも容易であろう。
 けれども、それとは異なる歴史もある。たとえば『歴史』を書名とする、ヘロドトスの名篇。同一の歴史事件に対して、一方ではエジプト人の評価、他方では小アジア側の所伝を併載している。もちろん、彼は小アジアのハルカルソッスの出身であるけれど、その立場を絶対化していないのである。
 わたしは歴史学の根本を村岡典嗣(つねつぐ)先生に学んだ。それは十八歳の三ヵ月間にすぎなかったけれど、その指針は生涯を一貫することとなった。いわく、「対象は、日本の古典。方法はソクラテスの学。」と。恩師、波多野精一氏(宗教哲学)からの伝授であった。
 ヘロドトスは、前五世紀の人。六十歳で没したという。やはり、人間の学としての、ソクラテスと同類の方法を身につけた教養人。その方法をもって「歴史」を見たのであろう。
     ※
 本書はわたしにとって、根本の書である。すでに六十代半ばにして、ようやく自己の学問の帰趨を見定めるに至った、記念すべき著述となった。それはもちろん、「学問の終結地」を意味するものではない。逆だ。新たな歴史学の出発を予感させるもの、少なくともわたしにとって、それ以外の何物でもない。それはたとえば、『穆天子伝ぼくてんしでん』をめぐる二稿を瞥覧していただければ、直ちに了解されるところであろう。
 しかもこの重要命題に逢着しえたのは、ひとえに若き研究者、原田実氏の佳著『日本王権と穆王伝承』(批評社)の御教示による。ここに至って、新しく壮大なる研究課題に相逢する。運命の神の過寵をうけたものというべきではあるまいか。
     ※
 新たな課題は、単に日本列島内、東方世界内に局限されたものにとどまりえない。すなわち、すでに略述したように(『市民の古代』第十二集、新泉社)、世界の神話・地球上の各文明の興亡も、新しき実証的方法によってこれを看取すれば、新鮮な、思いがけぬ様相を次々と現わしきたること、すでにこれを実験し、確信するに至っているのである。
 さらに、本書所収の小稿「偽書論」(第九篇)は、和田家文書(青森県五所川原市)に対する科学的研究方法の端緒をしめしたものである。この貴重なる、彪大なる古写本群に対し、毀誉褒貶(きよほうへん)の言をなす者は数多いけれど、真摯に科学的方法をもってこれを検証せんとする人の、あまりに乏しきに驚かざるをえない。もって今後の学的研究水準を測るべき第一石とならんことをこいねがうものである。
     ※
 わたしは親鷲研究をもって、己が学問の出発点とした。村岡史学に学び、「対象は親鷺、方法はソクラテスの学」たらんことを望んだのである。対象が日蓮や道元、また最澄や空海でなかったのは、大観すれば“偶然の神の戯れ”にしかすぎぬとも称しえよう。その最近の一篇を掲載した。方法上の参考に資していただければ、幸いである。
 また、はるか異域の地・中国の延辺大学の学者、朴ジンソク氏と学問上の応答をなしうることとなったのは、望外の至幸である。しかも、その中から重要な命題の発見をなすこととなった。はるかに朴氏に対し、深い感謝の念をささげたい。
 今夏、昭和薬科大学の諏訪校舎(北山白樺湖)において古代史討論シンポジウム(「邪馬台国」徹底論争)を行うこととなった(八月一〜六日)。この期に同大学紀要論文中心の本書を上梓しえたこと、その奇縁を喜びたいと思う。

     一九九一年四月十九日
                    古田武彦


古田武彦著作集

ホームページへ


新古代学の扉 インターネット事務局 E-mailはここから

Created & Maintaince by“ Yukio Yokota“