案内論文古田史学会報闘論古田武彦著作集九州王朝雑誌案内電子書籍Video講演資料編リンク
新・古代学  / 古代に真実を求めて  / 市民の古代  / なかった

古田史学論集 第一集

古代に真実を求めて

古田史学の会 編

明石書店

再編集版

1999.5.20再発行(1996.3.15発行)

◎巻頭言
3  会員論集発刊に寄せて 水野孝夫
7  古田史学の会のために 中小路駿逸(古田史学会報8号へ)

◎1 特別掲載
19 明治体制における信教の自由 古田武彦
序/一現今の定説への疑い/二近代法における「信教の自由」/三西欧キリスト教単性社会における、「信教の自由」の成立/四西欧単性社会のウィークポイント/五明治体制における「信教の自由」概念の適合/六神仏習合思想の果たしてきた役割に対する問いについて/七新憲法内の「信教の自由」をめぐる矛盾について/結

◎2 研究論文
41 倭国に仏教を伝えたのは誰か --「仏教伝来」戊午年伝承の研究 古賀達也
1はじめに/2倭国仏教の黎明 その伝来の時期/3糸島郡『雷山縁起』の証言 天竺僧清賀、仏教を伝う/4仏教は四一八年戌午年に九州に伝来した
71 「悲唱・柿本人麻呂」筑紫朝廷の証明・・・文学的視点からの一考察 和田高明
85 造作の「天智称制」 「日本書紀」の二段階編纂論 山崎仁礼男
101  日持聖人の道南布教と石崎村より中国大陸渡航の伝説
        ーー日持聖人は和平工作の密使であったのか? 岡本杏一
色々な日持聖人伝説/中国宣化出土の日持聖人御遺物発見/私の推測/日持聖人関係年表

◎3 フォーラム
◎特別寄稿
145  人間の認識・・・死んだ兵士の残したものは,こわれた銃とゆがんだ地球 古田武彦
151  古田史学の新段階 その思想課題の越境をめぐって 室伏志畔
160  日本史の謎を解く 廣岡重二
序/第一の謎解き/第二の謎 日出ずる処の天子/第三の謎 法隆寺、釈迦三尊像と光背銘文/第四の謎 萬正一系、天皇家の系譜/第五 危険な皇国史観/ 第六 多元史観への展開/第七 皇国史観の古代史学者へ/ 終戦と聖徳太子の復活/第九 象徴天皇と政府

174  再び木佐敬久氏に異議あり 独善に満ちた「狗邪韓国は倭地にあらず(下)」 太田齊二郎
182  「『古田武彦』とともに」 「市民の古代研究会」再入会の勧誘に答えて 太田齊二郎

189  古田史学の会・会則/「古田史学の会」全国世話人・地域の会名簿
196  編集後記