新・古代学の扉
案内

論文
英文があります
学問の未来
 
万葉の覚醒
 
人麻呂の運命
 
親鸞思想
 
 

古田史学会報
(講演記録を含む)

古田武彦
 
古賀達也
 
会報
 
神武東征と天孫降臨
 
短里と二倍年暦
 
九州年号
 
法隆寺移築論争
 
 
第一巻
親鸞ー人と思想ー
第二巻
親鸞思想(未完)
一部あります。
第三巻
わたしひとりの親鸞
 
 
会誌案内
市民の古代
 
新・古代学
 
なかった
 
古代に
真実を求めて
 
 
電子書籍
「法華義疏」
  の史料批判
 
国造制の史料批判
 
卑弥呼の比定
 
中村幸雄論集
 
卑弥呼と黒塚
 
王朝多元
 
独創古代
 
弥生の土笛
 と出雲王朝
 
壬申の乱の大道
 
真実の近畿
 3世紀以前
 
卑弥呼は
 どこで死んだか
 
天皇陵は
なぜ造られたか
 
歴史の中の祝詞
 
 
寄稿
 
古田武彦研究年譜
 
古田武彦著作索引
 
市民の古代索引
 
いろは歌留多
 

リンク

歴史探報
 
古田史学の会仙台
 
東京古田会
 
「多元的」
  古代・関東
 
会員のホームページ
(なし)
  

論文

英文があります

学問の未来

全ての日本国民に捧ぐ
海の古代史
縄文ストーンの原理
足摺岬周辺の巨大遺構

人間の認識

日本の原理主義批判
「縄文灯台 ‐灯台実験と縄文語」
国際縄文学協会紀要第2号 PDF版は、協会へ)
九州王朝の史料批判 古田武彦
(学士会 会報 2006-II No.857)
 
 
天孫降臨の真実
神武東侵
仲麻呂の命運
君が代の源流
君が代は卑弥呼(ひみか)に捧げられた歌(講演記録)
 
「人」話の誕生 『市民の古代』12集(新泉社)
古代史と国家権力ー津田史学を批判するー古田武彦
 

万葉の覚醒

DVD案内
701 人麻呂の歌に隠された九州王朝

万葉集は歴史をくつがえす
 (『新・古代学』第四集)
これは雄略ではない
籠もよ み籠持ち 堀串もよ み堀串もち この岳に
これは大和の歌ではない
大和には 群山あれど とりよろふ 天の香具山
これは舒明の歌ではない
やすみしし わご大君の
朝には 取り撫でたまひ 夕には い寄り立たしし
これは大和で天皇家を奉った歌ではない
 大君は神にしませば天雲の雷の上に廬りせるかも
 大君神にし座せば 真木の立つ 荒山中に 海を成すかも

古田武彦Video casting講演
 皇(すめろぎ)は神にし座せば
(大王は神にし座せば雨雲の雷岳・・・『万葉集』235・241番)の解説
これも近江で天皇家を奉った歌ではない
 大君は神にしませば赤駒の腹這ふ田居を都と成しつ
 大君は神にしませば水鳥のすだく水沼を都と成しつ 
大和三山の歌(高山は畝傍雄々しと耳成と・・・)英文なし
これは大和吉野で持統を歌った歌ではない
万葉集三十六番から三十九番目の歌英文
(さはにあれども 山川の 清き河内と 御心を 吉野の国の 花散らふ)
 

人麿の命運

人麿終焉の地をめぐって(『市民の古代』14集)

 

人間、古田武彦さんとの出会い 難波収
(『新・古代学』第一集)

三吉野の御船の山に立つ雲の・・・

君が家に我が住坂の家道をも我れは忘れじ命死なずは
英文なし

淡海の海夕波千鳥汝が鳴けば心もしのにいにしへ思ほゆ
英文なし
「州柔つぬ」の歌 英文なし 改題

天離る鄙の長道ゆ恋ひ来れば明石の門より倭(チクシ)島見ゆ

名ぐはしき印南の海の沖つ波千重に隠りぬ大和島根は
英文なし
 八女郡星野村行(『新・古代学』第6集)古賀達也
 
 

親鸞思想

流罪記録について
 

わたしひとりの親鸞(著作集三巻案内)

 
親鸞ー人と思想ー(著作集一巻案内)
 
親鸞思想ーその史料批判ー(著作集二巻案内)
 
案内に戻る

新古代学の扉インターネット事務局 
sinkodai@furutasigaku.jp


制作 横田幸男
著作 古田史学の会及び提供団体、個人