新・古代学の扉
案内

英文が必ずあります
学問の未来
 
万葉の覚醒
 
人麻呂の運命
 
親鸞思想
  

古田史学会報
(講演記録を含む)

古田武彦
 
古賀達也
 
会報
 
神武東征と天孫降臨
 
短里と二倍年暦
 
 
第一巻
親鸞ー人と思想ー
第二巻
親鸞思想
その史料批判
第三巻
わたしひとりの親鸞
 
 
会誌案内
市民の古代
 
新・古代学
 
なかった
 
古代に
真実を求めて
 
  
幾山河
電子書籍
「法華義疏」
  の史料批判
 
国造制の史料批判
 
卑弥呼の比定
 
中村幸雄論集
 
神武が来た道
 
卑弥呼と黒塚
 
王朝多元
 
独創古代
 
弥生の土笛
 と出雲王朝
 
壬申の乱の大道
 
真実の近畿
 3世紀以前
    以後
 
卑弥呼は
 どこで死んだか
 
天皇陵は
なぜ造られたか
 
歴史の中の祝詞
 

資料編

寄稿
 
古田武彦研究年譜
 
古田武彦著作索引
 
市民の古代索引
 

リンク

歴史探報
 
古田史学の会仙台
 
東京古田会
 
「多元的」
  古代・関東
 
会員のホームページ
(なし)
  

幾山河

日本語PDF電子書籍案内

「法華義疏」の史料批判
  抄録(HTML版)

『古代は沈黙せず』(駿々堂)中刷 古田武彦

 抄録には第一章の「日本書紀、不記載」問題、「法隆寺、焼失」問題についは、掲載しておりません。(電子書籍)には全文収録
 日本語PDF(電子書籍)はここからです。

 

 傳聖徳太子真筆本(国宝)であり、日本最古の書物の史料批判です。
 

国造制の史料批判
  抄録(HTML版)

『よみがえる卑弥呼(ひみか)』(駿々堂のち朝日文庫)第一篇中刷 古田武彦

 抄録には、第三章考古学の諸問題のうち、陶土員(とうけん)問題のみ、表記の関係で一部収録しておりません。日本語PDF (電子書籍)には、全文収録
 日本語PDF(電子書籍)は、ここからです。
 

卑弥呼の比定(HTML版)

『よみがえる卑弥呼』(駸々堂のち朝日文庫)第四篇中刷 古田武彦

日本語PDF (電子書籍)も、全文収録ここからです。
お断り:
 この論文は、1987年10月に発刊されたものです。古田氏の史料批判はさらに進展しており、現在の考えと同一ではありません。これを発刊したのは、現在の考えをよりよく理解するための一助として発行いたしております。
 

第六篇 考古学の方法 -- 王仲殊論文をめぐって

   第七篇 シルク・プルーフ(絹の証明)

   あとがきに代えて -- 汪向栄氏の批判に答える

古田武彦古代史コレクション15
『多元的古代の成立(下)-- 邪馬壹国の展開』
ミネルヴァ書房(駸々堂出版)

日本語PDF (電子書籍)は、全文収録ここからです。
 中刷です。全文はA4版27ページです。
 このPDFは印刷はできますが、データの取り出しは出来ません。
 良い紙で印刷すれば、それなりに判別は可能ですが、史料批判は著書の実見のうえでお願いするものです。

 

中村幸雄論集抄録(HTML版 四編)


 日本語PDF
(電子書籍)には二十五編収録しております。
取得はここから出来ます。

 

 

神武が来た道抄録

(HTML版 考古資料はありません)


 日本語PDF(電子書籍)には
考古資料を含めすべて収録しております。
 取得はここから出来ます。
 

古田武彦の古代史再発見1

卑弥呼と黒塚(HTML版)ーー方法

 日本語PDF(電子書籍)はここから
 
 

古田武彦の古代史再発見2

王朝多元(HTML版)ーー歴史像

 日本語PDF(電子書籍)はここから
 
 

古田武彦の古代史再発見3

独創古代(HTML版)ーー未来への視点

日本語PDF(電子書籍)はここから
 
 

弥生の土笛と出雲王朝(HTML版)

 
 日本語PDF(電子書籍)はここから
 

壬申の乱の大道(HTML版)

 
 日本語PDF(電子書籍)はここから
 

真実の近畿 3世紀以前

       3世紀以後

 
 日本語PDF(電子書籍)はここから
 
 

みのおFM ラジオ講演 第一回
  2001年11月22日

卑弥呼(ひみか)は、どこで死んだか

 (HTML版)

 
ラジオ講演(mp3)と電子書籍はここから
 

みのおFM ラジオ講演 第二回
  2001年12月20日

天皇陵はなぜ造られたか

(HTML版)
 
ラジオ講演(mp3)と電子書籍はここから
 

みのおFM ラジオ講演 第三回
  2002年 2月14日

歴史の中の祝詞(のりと)

(HTML版)

 

ラジオ講演(mp3)と電子書籍はここから
 
案内に戻る
 

新古代学の扉 インターネット事務局 E-mailは、ここから


制作 横田幸男
著作 古田史学の会及び提供団体、個人