古賀達也の洛中洛外日記
第386話 2012/02/19

「丙子椒林剣」国産説

 第382話で四天王寺の丙子椒林剣について述べましたが、その際「日本刀」と「」付きで表記しました。その理由は、丙子椒林剣が国産かどうか判断できなかったことによります。国産でなければ日本刀と言えないからです。厳密な表記としては、製造地を特定しない上古刀と表記するべきという見解もあります。もっともな意見だと思います。
 先週、たまたま大阪西区にある市立中央図書館に寄る機会があったので、古代史コーナーを見ていたら、石井昌國・佐々木稔著『古代刀と鉄の科学』という本が目に留まり閲覧しました。
 同書に紹介されていた「兵庫県養父郡八鹿町箕谷2号墳の銅象嵌戊辰年銘大刀」が丙子椒林剣と同形で、「戊辰年五月□」という銘文から608年の作刀とされています。切っ先が「カマス」と称される直線的な形状をしており、丙子椒林剣と一致しています。丙子椒林剣の丙子が616年と見られますから、戊辰年銘大刀の様式が進化して丙子椒林剣になったとされています。
 この他にも同様式の大刀が七世紀初頭の古墳から出土していることも紹介されており、こうした史料状況(出土状況)から見て、四天王寺の丙子椒林剣は国産と考えて問題ないようです。正倉院にも同類の大刀があるようですので、これらも九州王朝との関係を含めて見直す必要を感じています。
 なお、水野さん(古田史学の会・代表)から、丙子椒林剣は四天王寺にあった四天王像が持っていたのではないかとする説の存在を教えていただきました。面白い視点だと思いました。


洛外洛中日記一覧

資料編に戻る

ホームページに戻る


制作 古田史学の会