古賀事務局長の洛中洛外日記
第15話 2005/07/31
「『古今和歌集』の読み人知らず」

 昨日の古田先生の講演会は大盛況でした。会場の京都市商工会議所ホールには250名の聴衆が訪れ、上岡龍太郎さんや公明党の角替豊府会議員らも見えておられました。もちろん本会会員も各地から多数参加され、懐かしいお顔もありました。
 1部はわたしと古田先生の対談形式で「古田史学入門編」ということでしたが、古田先生のお話が熱気を帯びて、時間オーバー。わたしは時計を見ながら冷や汗ものでしたが、初めて古田史学に接した方にも好評で、終了後、感動の声が寄せられました。
 2部の講演では「君が代」に関する新たな発見として、『古今和歌集』の「読み人知らず」問題に触れられました。『古今和歌集』1111首の内、なんと425首が読み人知らずとのこと(高田かつ子さんの調査)。読み人が書いてある歌では、そのほとんどが平安時代の人物で、これらが「古今」の「今」に相当する歌であることから、それ以外の読み人知らずの425集は「古」と考えざるを得ません。従って425首の多くは九州王朝時代の歌であり、その中に「君が代」も入っています。だから「君が代」は大和朝廷の天皇に捧げられた歌ではなく、九州王朝の天子に捧げられた歌である、との論証でした。
 『古今和歌集』にこれほど多くの「読み人知らず」があるとは思いませんでしたし、「古今」の「古」と「今」が九州王朝と大和朝廷に対応しているという説には、深く考えさせられました。
 終了後、主催者(ミネルヴァ書房・ふくろう会)の皆さんと食事会がありましたが、そこでも靖国神社問題など古田先生の興味深い話が続きました。9月24日のアバンティホール(京都市南区・JR京都駅の南)での講演会では、この話が更に展開されるとのこと。楽しみです。

古田武彦古代史セミナー済み

期日

2005年 7月 30日(土)
  午後1時受付開始
  午後1時30分〜午後5時 

場所

京都商工会議所 3階講堂 定員300名
(地下鉄烏丸線「丸太町駅」南6番出口直結)

講演

 何故、邪馬台国でなく、邪馬壱国なのか。何故、九州王朝なのか。古田史学の全体像を解りやすく解説する。
午後1時30分〜午後2時30分
1部 古田武彦が語る古代史入門
聞き手 古賀達也(この対談に対する考え方

午後2時45分〜午後5時
2部 君が代誕生の謎に迫る
講演「君が代前」
講師 古田武彦
 知っていますか。「君が代」のこと。古今集の三分の一が作者不明(読み人知らず)ーなぜ。ここに古代史最深の秘密がある。誰も言わずに来た、この真実。「三十一(みそひと)文字」をめぐる日本の歴史が、今はじめて明らかになる。
 古今集ー平安時代の歌集。全1111首収録。「君が代」はその一つ。

資料代

500円
主催

〒607-8494
京都市山科区日ノ岡堤谷町1
ミネルヴァ書房内 フクロウ会
         事務局 神谷・橋本


洛外洛中日記一覧

資料編に戻る

ホームページ
に戻る

制作 古田史学の会