古田武彦
著作索引
ホーム
ページへ
   次へ 研究
年譜へ
海の
古代史

TITLE : 邪馬台国はなかった−解読された倭人伝の謎−     古田武彦

*[01* コード   ]  001
*[02* 書物名   ]「邪馬台国」はなかった
*[03* フリガナ]「ヤマタイコク」ハ ナカッタ
*[04  シリーズ ]  朝日文庫 690
*[05* 著  者    ]  古田武彦
*[06* 編 者   ]  −
*[07* 発行日   ] 1993(H5).01.01
*[08  発行者    ]  朝日新聞社
*[09  目 次    ]  頁数、章・項目名、内容

【頁】   【目 次】
003 ″邪馬一国のすすめ″
004 はじめに

017 序 章 わたしの方法
           謎の女王国のとりこ/異質の宝/学説と学閥の間/二つのアイデア
            
031 第1章 それは「邪馬台国」ではなかった
031     1 「壹」と「臺」の探究
           歴訪/失われた筆跡/きめ手は?/壹と臺の完全調査/八十六の壹と五十八の臺
052     2 真実はいずこに?
          中国の大家との対決/『後漢書』の邪馬臺国/誠実なる証人/二人の生涯
074     3 隠滅の背景
          卑字のなかの”宮殿”/倭国と魏との間/『後漢書』主義の大河/明治の大家たち
            /空臺
            
097 第2章 いわゆる「共同改定」批判
097     1  禹の東治
          すべての「共同改定」を疑う/会稽東治/范曄の錯覚/会稽王の教化/訓読上の誤解
            /呉の太伯/禹の東巡
122     2  戦中の使者
          景初二年/五つの疑いを解く/明帝の急死/太平の史家/景初三年鏡への疑い
136     3  海彼の国名
          対海国と一大国/国境の地名考
            
145 第3章  身勝手な「各個改定」への反論
145     1  目的地先行の「各個改定」
      五つのルール/「南→東」の改定/「南=東」か?/「陸行一月→一日」の改定
            /陸行一月の道程/「倭人を侮る」立場
167     2  榎説への批判
      五つの要素/誇張説の伝統/『三国志』の里をしらべる/「方四千里」は実定値
            /『三国志』をつらなく短里/反対説の検証/榎説の崩壊
197     3  粗雑な論理
      検証を終わってふり返ると/虚数説の空虚
            
207 第4章  邪馬壹国の探究
207   1  倭人伝の行程と構成
      新研究の出発/郡より倭に至る/水行十日・陸行一月/里数、日数「二通り」の読法
            /「階段式」読法/なぜ混迷していたのか
221     2  倭人伝の用語と論理
      道行き読法/四至と傍線行程/里程表示法/「行」の問題/「至」の全用例
            /「道行き」読法の先例/最終行程「0」の論理/国間距離「0」の先例
            /「島めぐり」読法/実施に即した表記法/陳寿の算法/「陳寿の算法」の先例
254     3  女王国のありか
      邪馬壹国の所在地/「道しるべ」読法/女王国は福岡市周辺
268     4  解読された見取図
      女王の居城は?/瀬戸内海域の記載/地名の遺存性/「奴国」をどう読むか
279     5  卑弥呼の遺跡
      考古学との関係/卑弥呼の墓/「大いに冢を作る」/「径百余歩」について
            /奴国の墓城
298     6  新しい到達点から
      魏使の一日行程/戸数問題
            
307 第5章 「邪馬壹国」の意味するもの
307   1  「邪馬壹国」の読み方
      なぜ邪馬壹国と書かれたか/憎悪された「貳」/西なる「壹」の王
            /思想的国名表記の先例/邪馬壹国はどう読むか/三つの問題/”前門”の橋本法則
            /”後門”の中国音韻法則
327     2   天皇期文献の批判
             白石と宣長/消された中心国名/類縁地名/天皇期以前
             
337 第6章 新しい課題
337   1  四つの新しい考察
      「卑字」の新局面/「不耐 王」の国/「 賓国」/スフィンクスの微笑
356     2  未知の世界へ
      新しい領域/使大倭とは何か?/大和朝廷への通路/魏使は見た!/朱儒国
            /それは四国の西南岸
382     3  アンデスの岸に至る大潮流
      論理はわたしたちをどこへ導くか/裸国・黒歯国とは・・?/それは倭人の認識だった
            /一年に二回歳をとった倭人/知られていたアメリカ大陸
392     4 結び−先像の打破
      日本古代史とどう結びつくか/方法論の原則をつらぬくこと
    あとがき
    朝日文庫版あとがきに代えて
399 補 章  二十余年の応答
      二十年の回顧/「木佐提言」の出現/待望の先例『穆天子伝』
            /「三国志」と「日の出ずる所」/『漢書』と「日の入る所」/一大率の新局面
            /吉野ケ里の仮想敵国/古代寄生虫の証明

*[10  参 考]  1 「邪馬台国」はなかった−解読された倭人伝の謎−
                         朝日新聞社         1971(S46).11.11
                     2 角川文庫 3876
                        角川書店             1977(S52).10.10

古田武彦
著作索引
ホーム
ページへ
   次へ 研究
年譜へ
海の
古代史



制作 横田幸男 
著作 古田武彦 林研心